×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【一歩】

長年の幼馴染み。という関係で、足踏みをしているガウリイとリナ。
本当は、互いを想っている事は、周囲の人間の、周知の事実。
そのもどかしい関係を、なんとかさせるべく、周囲が仕組んだのは、祭り会場で、浴衣姿の2人を引き合わせ、2人っきりにする。という企み。
自分が、ガウリイを好きだ。という事を、気付かない振りをしているリナには、周囲にそう思われ、仕組まれた事が、面白くない。
対して、自覚し、リナの姉に、尻を叩かれ、覚悟を決めているガウリイ。
そして、不機嫌なリナに、苦笑を浮かべたガウリイが、その後を着いて歩く。という光景が、出来上がった。
「リナ、少し待っててくれるか?」
「……勝手にすれば」
幾つか出店を冷やかした後、不意にガウリイが、リナから離れた。
待っててくれ。と言われたが、素直に待つのは癪で、リナはそこを離れる。
丁度、祭りが佳境に入り、少し離れた場所にある丘から、花火が上がり、夜空を飾り出した。
周りの目は、そちらへと注がれる中、人混みを縫い、商店街の通りへと、目的もなく、リナは歩く。
その右手を、大きな手が掴まえた。
「リナ!待っててくれ。て言っただろ?」
どう追い付いたのか、困った表情のガウリイだ。
「待つなんて、言ってないわ」
「ほれ」
視線を合わせず、不機嫌に言ったリナ。
その左手を取り、ガウリイは、リナに細いビニール製の紐を握らせる。
それは、ビニール袋を縛っている紐で、その袋の中には、狭い水の中、ヒラヒラと泳ぐ金魚が1匹。
「お前さん、金魚好きだろ?」
「いつの話よ……」
ガウリイと視線を合わせる事を避ける様に、伏し目がちに文句を言うリナ。
まだ小学生だった頃、祭りとなれば、必ず金魚すくいをしていた。だが短気なので、いつもすくえず、おまけとして、小さな金魚を貰っていただけ。
そんな、おまけの小さな金魚とは違い、しっかりとした大きさの金魚を、目の当たりにし、リナは口を尖らせる。
「出目金が良かったのに……」
おまけではないサイズの金魚が、リナには悔しい。負けず嫌いな性格が、そんな些細な事までに、勝手に勝ち負けを感じたのだ。
「そうだったのか?ごめんな」
矛盾するリナの言葉に、ガウリイは苦笑を堪え、穏やかに微笑む。
そのまま、リナの左手を、右手で包み、リナの前を回り、ガウリイは、リナの左隣に立った。
「ちょっと、どういうつもりよ?」
「ん?さっきみたいに、はぐれたくないからな。良いだろ?良くこうして歩いたじゃないか」
必死に剥がそうとしているリナに、ガウリイは首を傾げた。
やんわりと握られているが、どうにも外れない手。何かを訴えるかの様な、優しさの中に意思を持った瞳。
それを交互に見、リナは小さく呟く。
「それこそ、いつの話よ」
「ん?小学生の頃だから、懐かしいな」
少しだけ、握る力を強くし、ガウリイは目を細める。
家が隣の2人は、小学生の頃、手を繋ぎ、一緒に登校をしていた。
それは、リナの姉、それと両親から、リナの面倒を見て欲しい。と、お願いされていたからだ。
教育がしっかりされて、同じ年頃の子より、頼もしい性格な分、リナは無鉄砲な所があり、その歯止め、お目付け役だった事を思い出し、ガウリイは苦笑を浮かべる。
「こうしてないと、す〜ぐ、無茶苦茶するからなぁ」
「無茶苦茶て。あんたは大袈裟なのよ」
「6年生に、喧嘩売っただろうが」
不服そうなリナに、ガウリイは困った表情を浮かべた。
それは、リナが1年生の時の話で、相手は、6年生の問題児。
「あれは、あいつが悪いのよ!!年長者の癖に、1年生の女の子泣かせたんだから!」
「だからってなぁ……」
ぷっくり頬を膨らませ、リナが反論すると、ガウリイはますます困った表情になる。
それで、服のあちらこちらを破り、手や足のみならず、顔とお腹にも痣を作ったリナを思い出し、苦い思いを、思い出したのだ。
思えば、満身創痍の彼女を見、底冷えした手に、心臓を鷲掴みされた様な、痛みと冷たさ、そして不快感を感じたあの時、既に、自分の気持ちは、そこにあったのかも知れない。
その後も、懐かしい話を交わしながら、2人の足は、自然と進む。
商店街の通りを避け、住宅地の通りへと入り、辿り着いたのは、懐かしい学舎。
2人が通っていた小学校だ。
「やっぱ、入れないか……」
校門に手を掛けたものの、動かないそれに、ガウリイは残念そうに、溜め息を吐いた。
それに、呆れた溜め息を吐くリナ。
「当然でしょ。最近は物騒なんだから」
「物騒なの分かってるなら、1人で行動しないでくれよ」
「ふん、そんなの、返り討ちにしてやるわよ」
「あのなぁ……」
腰に手を当て、居丈高に言ってのけたリナに、ガウリイは溜め息を吐き、ジト目を向ける。
「その格好で、暴れるてのか?怒られるぞ?」
「う゛………」
誰に。という、主語が無くとも、通じる言葉に、リナは、思わず小さく唸った。
浴衣を少しでも汚しただけでも、怒られるだろうに、その上、暴れて破いてしまったら、どうなるか、リナは、身を持って知っている。
「な?オレが居た方が良いだろ?」
「何よ、クラゲ頭の癖に、そんな事だけは、気が付くんだから」
「リナの保護者だからな」
それは、ガウリイの決まり文句であった。
リナが小学校に上がってから、何かある度に、当然の様に、ガウリイの口から発せられた。
例えリナが、不満に思っていても、周囲はそれを認知してしまう程。
当然、その言葉に、リナがむくれる。
「いつまでも保護者きどりは止めて。あたし、もう高校生なんだから」
他より成長が遅い事に、コンプレックスを抱えている彼女にとって、憎からず思っている人間に、子供扱いされている様で、嫌なのだ。
そして、今回の企みに関わった人間に、苛立ちと不満を、リナは覚える。こんな風に、子供扱いされているのに、自分と幼馴染みが、どうこうなるなんて、ありえないだろう。と。
だと言うのに、ガウリイは不服そうに、眉を下げる。
「でもなぁ……ずっとリナの保護者だったし……」
「あんたが居たら、男が寄りつかないから、迷惑なのよ。花の女子高生を楽しみたいじゃない」
「……それが理由で迷惑なのか?」
拗ねた様な、怒っている様な、リナの声に、ガウリイは腰を折り、覗き込む様にリナを見みた。
どこか、熱を孕んだ視線に、リナの鼓動が少し跳ねる。
「と、当然でしょ!あたしだって、いつまでも子供じゃないんだから、恋の一つや二つ、したいのよ」
どぎまぎしながらも、真っ直ぐに視線を返すリナ。
それに、ガウリイの表情は変わらない。
「恋、してないのか?」
「……あんたに関係ない」
「気付いてるんだろ?ルナさんの思惑を?」
反らしそうになった視線を、なんとか堪え、返したリナは、ガウリイの問いに、とうとう視線を落とし、唇を噛む。
「それを、オレが聞かされている事は、言っただろ?」
ふわりと、ガウリイが微笑む。
いつもリナを安心させた、穏やかな笑みだ。
それに、小さく頷くリナ。
「つまりさ、オレは、ルナさんの思惑に、乗ったんだ」
「………それって?」
「寂しい思いをさせるのは分かってる。それでも、オレと付き合ってくれないか?」
おずおずと向けられた視線を、真剣な目で捉え、ガウリイは言った。
驚きに見開かれた目は、少しの間を置いて、鋭い視線に変化する。
「……買い物に付き合えていうオチなら要らないわよ?」
「素直じゃないなぁ、相変わらず」
肩を震わせ笑い、ガウリイは腰を伸ばし、繋いだ手を引き、抱き締める。
「あんたなら、言い兼ねないのよ……」
珍しく大人しく胸の中に収まったリナは、相変わらずの憎まれ口で、ガウリイは穏やかに微笑んだのであった。