×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

怪盗リッチシリーズ

【漆黒に躍り出る】−1−

オフィスの最上階は、そこで一番偉い、そして、全てを見下ろしたい人物の為の物。
そこの主、50代半ばの男は、愛人を何人囲えるか、を、趣味の一つとして持っていた。
一級品の調度品に囲まれ、深くソファーに腰を下ろした男は、いやらしくない目付きで、向かいのソファーに腰掛けている女性を見る。
線が細く、身長は低い、童顔の女性が、そこには居た。
今までの愛人達とはタイプが異なるが、だからこそ、手に入れたい。と、男は、野心を密かに、燃え上がらせた。
見目が良く、プロポーション抜群で、お金が大好きな女性達を、愛人として何人も囲ってきた男。
関係を切るのは簡単で、手切れ金だけで済むので、手軽に手に入り、切る事が出来るそういった女性達は、男にとって、格好の相手であった。
それが、何故か、そういうタイプではない、目の前の女性が気になってしまった。
「お招き頂き、有難うございます。ご立派なオフィスですね」
女の子然たる声は、その容姿によく似合っており、学生服を着せれば、さらに良く似合って聞こえるだろう。
幼い顔に、パンツスーツ、栗色の長い髪を、後ろで一つに纏めたその女性。
女性との出会いは、昨夜、男が行った割烹料亭での事だ。
カードを持たない男は、会計の時、千円足らない事に気付き、顔を渋くさせた。
女性同伴の時に、ツケにする等と、男のプライドが許せず、かと言って、同伴した女性に借りるのは、更に許せない。
そんな時、目の前の女性が、
「お客様、落とされましたよ」
と、さりげなくお札を渡してくれた。
折り畳まれたお札の中には、メルアドが書かれた紙が、挟まれてあり、帰宅後、今日会う約束を交したのだ。
「いやいや、こちらこそ。昨晩は、有難うございました。お陰様で、恥をかかずに済みましたよ」
言いながら、男は机の上で、友禅柄の千代紙を滑らせ、女性の前に置く。
それに、女性は顔を綻ばせた。
「素敵な紙」
紅葉が散るオレンジ色の千代紙は、のし袋の様に折られてあり、その中には、男が、昨晩借りた1万円がある。
プライド高い男は、誰かにお金を借りるなど、本来なら許せないのだが、あの時、何故か素直に受け取ってしまっていた。
押し付けがましい所がなく、返ってくるかも分からないのに、1万円を差し出し、それを受け取らせた女性に興味を持ち、お金を返すという名目で、この場所へ誘い込んだ。
今居る部屋は、男が女性を落とす時に使う部屋で、今まで、何人もの女性を招き入れていた。
「ご足労頂いたお礼に、この後食事でもどうでしょう?イタリア料理の美味しい所に案内したいのですが?」
男はそう言って、下心のない微笑みを浮かべる。
下心を露にすると、逃げるタイプだ。と、見抜いたからだ。
予約した店は、相手に警戒されない様に、イタリア料理の解放的な店。
今日の所は、相手を知る事だけに留めるのが、無難だろう。と、微笑みの内に隠している。
「料亭で働いている君に失礼かな?」
「いえ。イタリア料理も好きですわ。是非、ご相伴させて下さい」
返ってきたのは、嬉しそうな笑み。
そんな時に、
―コンコン!ガチャ!
「親父!!」
ノックの後、了承も得ず、入って来たのは、男の息子で、年の頃なら30代。
陥落計画の第一段階、彼女を誘う事に成功し、気を良くしていた男は、眉をピクリと動かした。
「ここでは、会長と呼ばないか」
落とそうと企んでいる、そんな時に、父親という立場を持ち込まれ、罵倒したい気持ちを、内に秘め、男は諭す様に言った。
この部屋の使用目的を知っている、その息子は、一瞬気まずそうにしたが、すぐに慌てた様子に戻る。
「すみません、急ぎの用だったので。実は……」
傍らに居る女性を気にしてか、息子は父親に近寄り、耳打ちをする。
聞き終えると、父親は、女性に向かって口を開く。
「君、済まないが、食事は、またの機会で構わないかな?」
「かしこまりました。楽しみにしております」
緊急な用だと察したのだろう、女性は笑顔一つ残し、一礼して部屋を出る。
それを見送り、父親は息子と向き合った。
「どこから漏れた?」
「俺だって知りたい。親父じゃないのか?」
疑いの眼差しに、息子は不服を露にし、父親に不注意がなかったか、と、逆に視線を送る。
「そんな訳あるまい。だが、知っているのは、……いや、今は良そう。対策は?」
鋭い視線を送り、父親は、渋い表情で、革張りの椅子に座る。
その机の上に、息子は懐から、名刺サイズのカードを、2枚並べる。
「警備会社を呼んだ。あと、一応、警察には、偽物の予告状を用意して、協力を要請してある」
「ふむ。まあ、妥当な所だろうが……」
ツッ!と並んだカードの1枚取り、父親はそれを見る。
‐欲深き罪人へ
  輝き忘れし哀れな石を、今夜頂く
     リッチ‐
「罪人などと、言われたままでは、納得いかんな」
言って、父親は、携帯を取り出す。
かけるのは海外で、海外の電話取り次ぎサービスを利用して、国内の知り合いへと、繋いでもらう仕組みだ。
「わたしだ。ふざけた盗人が、今夜来るらしくてな。始末を頼みたい」
エレベーターで、1階へと降りていた女性が、不意にニヤリと笑んだ。
つい先程まで、良い所で邪魔をした馬鹿息子へ、内心激しく罵っていたが、今は、逆に喜んでさえいる。
だが、すぐに顔を引き締め、何事もなかった様に、受付で一礼し、ビルを出て行った。
女性が向かうのは、近くにあるカフェ。
そこの窓際の席に着き、幾つか注文し、風景を眺める様に、外に視線を向ける。
時間は、夕刻。オフィス街なだけあって、通るのは、営業マン風な男や、荷物を抱えた配達人、颯爽と走り抜けるメッセンジャー。
車の数も少なく、不意に、女性の視線が、銀色の車体に向く。
後ろ暗い癖に、よくもまあ。と、内心思いながら、おくれ髪を直す仕草で、さりげなく耳に触れる女性。
実は、男との出会いは、仕組んだものだ。
男の愛人達の中から、そろそろ結婚相手探しの為に、男と決別しようと考えている女性を調べあげ、男が良く利用する割烹料亭に忍び込んだ。
そして、男がその女性を同伴して来店したのが、昨晩。
こっそり、女性とコンタクトを取り、男の財布から、1万円抜いてくれ。と頼んだ。
後は、会計時に、男が渋い顔をした所に、何くわぬ顔で、抜いて貰った1万円と、連絡先のアドレスを渡すだけで、面白い様に事は運んだ。
宝石を扱う、問屋の会社の会長が、あの男の肩書き。
が、裏で、宝石をピンはねし、幾つか隠し持っている事も、脱税したお金を、どこかに隠しているのも、調査済み。
本当は、上手くあの男に近付き、絞れるだけ絞り取り、脱税の証拠を、どこかに売るつもりであったのだが、予定は変更になった。
エレベーターの中で、耳から聞こえた情報が、彼女には心当たりがあった。
あの男の様に、後ろ暗い人間や、裏のある人間、つまり悪人を、狙った、世界を股にかけた泥棒3人組、怪盗リッチだ。
わざわざ、予告状を出す泥棒など、彼女には、それ以外考えられないし、偽物の予告状を、あの馬鹿息子が用意した、という事は、本物の予告状は、後ろ暗い所を突く文面があったという事。
そんな事をするのは、怪盗リッチしかいないのだ。
暫くすると、あの男の澄ました声で、焦りを装った声が、彼女の耳に届く。
座ったソファーに、盗聴機を仕込んできたのだ。
そして、それは、彼女のイヤリングから、彼女の耳に届く仕組みだ。
勿論、それを気付かせる彼女ではない。
常人より耳が良い彼女だからこそ聞き取れる、とても小さな音量だ。
『実は、こんなものが届きまして』
『ふむ、まばゆい光を抱える者へ、恵まれない者に、石を配らせて貰う。と?成程、気障な奴ららしいですな』
聞き覚えの無い声は、先程通った、銀色の車体に乗っていた、刑事であろう。
読まれたのは、用意された、偽物の予告状だと思って、間違いない。
それを聞いた彼女は、白々しい。と、思うのだが、リッチに狙われた、悪人どもが用意するのは、先程の様に、義賊を匂わせる文面が多い為、表向き、怪盗リッチは、義賊として世間では人気が高い。
実質、リッチが動いた数日後、匿名で福祉施設や団体に、寄付がされているので、間違いでは無いのだが。
それでも、それを利用し、偽物の予告状で、警察を呼ぶ奴らが、彼女には許せない。
悪人に人権は無い。それを思い知れば良い。内心そうほくそ笑み、運ばれて来たベーグルを、彼女は口に含んだ。
≪続く≫