×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

怪盗リッチシリーズ

【漆黒に躍り出る】−6−

ワゴン車を調べ様と、刑事が動こうとした時だ。
ワゴン車から降りていた、警備員が、おもむろに銃を取り出した。
「っ?!!」
―ガツッ!
それを、咄嗟に警棒で払い、身体を押さえつけたのは、ワイザーの車を運転していた、若い刑事。
「公務執行妨害……だけで済めば良いですな?」
その横に立ち、ワイザーは銃を取り出し、ワゴン車に視線を送る。
「気を付けろ、まだ居るかも知れん」
別の若い刑事が、ワゴン車に近付くと、ワイザーは、鋭い声で、注意を促し、
「中を改めよ」
周りに居る刑事達に指示を出した。
そして、ワゴン車の周りを、4人の刑事が取り囲み、各々、手に銃を構え、ワゴン車を、隙無く睨む。
それを見やり、ワイザーは、警備員を取り押さえている刑事の肩に、手を置き、
「良くやった。応援が来たら、身柄を引き渡し、私に連絡をくれ」そして、ワゴン車を囲む刑事に、視線を送る。
「そちらは、頼むぞ」
「ええ。お任せ下さい」
返って来た答えに、満足そうに頷き、ワイザーは、守衛室へと向かった。
「刑事さん、どういう事ですか?」
そこに居た警備員は、事態に付いて行けず、不審そうな表情だ。
確保された警備員に、「リッチを追う」と言われ、シャッターを開けた人物だった。
が、すぐに、出て行くのを阻んだパトカー。次いで、守衛室を、刑事に占拠され、何が起こっているのか、分からない。といった表情だ。
その様子に、ワイザーは、落ち着いた口調で言う。
「失礼。リッチに逃げられた今、現場保全が、我々に課せられた使命でしてな。手荒な真似を致しました」
「だからと言って、守衛室を乗っ取り、警備員に待機の指令を出す事はないでしょう?!!」
鼻息荒く、抗議の意を唱えた警備員。
守衛室に、4人の刑事が、乗り込んで来て、守衛室にある無線を使い、警備員に待機の指令を出していた。
権力を傘に、自分の守るべき場所を荒らされる。という勝手な行動に、不快を感じたのだ。
それに、
「申し訳ない。リッチの残党が、万が一、居たら困りますからな。後から来た増援は、こちらで確認しておりませんし、ご協力頂きたい」
ワイザーは諭す様に言い、応えを待たず、背を向け、刑事に声を掛ける。
「警備システムは、どうなっている?」
「それが、作動していなかったので、警備会社に、問い合わせましたら、システムが、改ざんされていた模様で、今夜中の復旧は難しいそうです」
答えたのは、中年に差し掛かるかどうか、と言った年頃の刑事で、どう言った理由で、守衛室を抑えるのか、説明を受けていないが、経験から、それとなく感づいている。
「困ったものだな。中に居る、一般女性が心配だ。身柄を保護するべきだな」
誰にともなく呟かれた言葉に、刑事達の視線が集まった。
「え??」
「ライアン殿の、大事なお客人だそうでな。リッチが来る前に、入ったきり。なのだよ」
「それは、心配ですね」
「ここを、頼めるかな?ライアン殿への、説明も必要だしな」
「はい」
「応援が来たら、下から順に、警備員の身元、フロアの異常を、確認してくれ」
「判りました。確認後の警備員は、駐車場で待機して頂けたら、良いですか?」
「そうだな。では、頼むぞ」
言って、相手が敬礼をしたのを見、ワイザーは、駐車場内へと下りて行く。

最上階は、廊下がT字になっており、東に社長室、南に会長室、西に会長のプライベートルームが、コの字型にある。
そして、西にエレベーター、東に階段、間に秘書室が、北側にあり、廊下唯一の窓が、その両端にある。
その廊下の、秘書室の扉の前が、廊下の分岐点で、彼女は、そこを真っ直ぐと過ぎ、倒れている警備員の横を通り、エレベーターの前で待つ。
本当は、会長室へ先に行き、色々漁りたい所なのだが、ワイザーの目がある手前、何もしない方が、賢いだろう。と、判断し、大人しく、待つ事にしたのだ。
程なくして、ポンという音がし、エレベーターの扉が、ゆっくりと開く。
「どうも、ワイザーさん」
「早いですな」
エレベーターから降りたワイザーは、落ち着いた声で、彼女を見た。
「そうかしら?」
「所で、あちらは?」
質問に、質問で返され、彼女は、ワイザーが指差す方を、眉を寄せて見る。
そこには、床に横たわっている警備員の姿。
「ああ、少し寝て貰っているのよ」
「まさか、ライアン殿も?」
「ええ。放っておいても、後1時間もすれば起きるわ」
彼女が頷いたのを見、ワイザーは苦笑を浮かべた。
「刺激を与えれば、起こせるという事ですかな?」
「そうよ」
「なら、起きて頂こう。その前に、何か預かる物があれば、預かりますが?」
差し出されたワイザーの手。
それに、彼女は首を傾げる。
「何もないわ。何か欲しい物でも?」
「いえ。てっきり、わたしが来るまでに、見逃せない物を、懐に忍ばせているものだと……」
「そんな無謀な真似、しないわよ」
顎を撫で、白々しい表情を浮かべたワイザーに、彼女は肩を竦めた。
その表情は、涼しいもので、肝が冷える思いを、抱えているとは、思えない程だ。
「それは安心しました。では、まずライアン殿に、起きて頂こう」
にこやかに微笑み、ワイザーは、会長室へと向かった。

「大丈夫ですかな、ライアン殿?」
会長室の、自分の椅子に座り、眠っていたライアンを起こし、ワイザーは問いかけた。
「ああ……っ?!リッチは!!」
ぼんやりしていたが、事態を思い出し、ライアンが、ワイザーの腕を掴んだ。
「空から逃げられてしまいましてな。パトカーで追跡させております」
冷静に、ワイザーが応え、途端、ライアンは、顔を顰める。
「それは、何時頃?それに、それならば、何故ここに、そなたが?」
「そうですなあ、下で少々、手間が掛かりましたし、リッチらしき者の逃亡は、10分程前。ここに、私が居る理由は、それが、囮であった時の為の対策と、現場保全の為です」
「だからと言って、リッチを、追わなかった理由には、ならんだろう!!」
淡々と質問に応えたワイザーに、ライアンは、声を荒げた。
だが、それでも、ワイザーの表情は、変わらない。
「そう言われましてもなぁ。地上から、空の物を追うのは、少々手間でしてな。それに、火事場泥棒が、居る可能性だって、ありますし、迅速な現場保全は、鉄則なのですよ」
「……?!」
苦虫を噛み潰した様な表情で、ライアンは、ワイザーから手を離し、その背後、ソファに、ぐったりとした姿を見留め、顔色を青くさせる。
「ソフィアさん?!」
慌てた声と共に、椅子から立ち上がったライアンは、2人掛け用のソファに、足音を立て、近付く。
その背中に、ワイザーは、納得した様な声色を発する。
「やはり、ライアン殿の客人でしたか。廊下で、倒れていましてな。私が存じ上げない顔ですし、ご確認頂こうと思い、こちらにお連れ致しました」
「廊下で?警備員は、一緒じゃなかったのか?」
ソファで、目を瞑っている彼女に、目立った外傷がないか、確認してから、ライアンは、ワイザーの方へと、身体を向けた。
すかさず、ワイザーは、頷いてみせる。
「ええ。彼女の近くで、倒れておりました。意識のない男性を、運ぶのは、さすがに、くたびれますから、そのままになっておりますが?」
「起こして、連れてこれば、良かったんだ」
「ライアン殿の、無事の確認が、一番重要でしたので、そちらは、後回しにさせて頂きました」
「そうか。なら、今すぐ、起こして連れて来てくれ」
まるで、自分の部下へ、命令する様な口調のライアン。
その態度に、表情を変える事なく、ワイザーは、口を開く。
「それは、出来かねますな。ライアン殿が、リッチだ。という可能性も捨てきれない以上、一緒に来て頂かなければ、ここを動けないのですよ」
「そういう、あんたが、リッチなんじゃないのか?」
「だからこそ。お互いを見張る為にも、一緒に来て頂きたい。警備員が、リッチだったら、大変ですしな」
嫌味に、ワイザーが笑顔で返すと、ライアンが、顔を引き攣るらせ、
「良かろう。一緒に行こうではないか」
と、苦々しく応えるのであった。
「彼女にも、起きて頂こう。リッチが潜んでいたら、事ですしな」
言って、細い目で、ワイザーは、ライアンに視線を送った。
その目は、何を見詰めているのか?
≪続く≫