×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【セイント バレンタイン】

−下−

若い看守が、ヴァレンチーノを訪ねてから、幾日か経ち、再び、その看守が、彼の元に現れたのは、昼休みの頃。
「アメリアを、説得して欲しい」
看守の表情には、余裕がなく、声にも、焦りが見られ、ヴァレンチーノは、辛そうな表情で、黙ったまま、続けさせる。
「あいつ、取り調べで、自分は、ヴァレンチーノの娘だと、ずっと言い張っている。幸い、結婚の事には、黙秘を貫いているが、このままでは……」
「お主は、あれと親しくしてくれておるのだな」
辛そうに歪められた顔に、ヴァレンチーノは安堵し、微笑みを浮かべる。
自分が、いくら親子関係を否定しても、真っ直ぐな娘は、そうでは無いであろう。というのは、判っていた。
それでも、僅かな期待に、あれは娘などではない。と、言い張っていたのだが。
「何故、笑う?」
「あれは、どうも強情での、自分が正しいと思ったら、ワシの言う事でも、聞き入れてくれぬ」
笑った事に、怪訝を露にした看守に、ヴァレンチーノは、表情を変えぬまま、困った声を出した。
「娘が、処刑されても、構わないという事か?」
「そうでは無い。将来豊かな、娘じゃ。良い婿殿に出会い、子を授かるべく、娘。処刑など、許される道理が無い」
「なら、笑っている場合では無いであろう!」
自らの問いに、微笑みながら首を振ったヴァレンチーノに、看守は、思わず、檻の間に手を入れ、胸ぐらを掴む。
「明日、ワシの処刑がある」
「?!」
静かに、静か過ぎる声、それに、弾かれる様に、表情を引き攣らせる看守。
「すまぬが、明日、朝一番に、もう一度、来ては来れぬか?今日は、静かに、神への最後の祈りを捧げたいのじゃ」
「……アメリアには?」
「自分の娘でもないのに、伝える必要など、無いであろう?」
ずるり、と落ちた、看守の手を、払う事なく、ヴァレンチーノは、微笑みのまま、静かな声。
「……何故、今?俺は、あんたを取り調べる人間では無いだろう」
「話は済んだ。帰ってくれぬか?」
表情を厳しくし、問い掛けた看守。
踵を返し、牢の奥へと向かう事で、ヴァレンチーノは、彼の手が届かない所まで行き、膝を付き、顔を僅かに上げ、手を組み、瞳を閉じた。
どう言っても、応えてはくれぬ、と悟った看守は、
「くそったれ!」
ガン!と檻を叩き、足音激しく、牢を離れて行く。
半日が過ぎ、更に時間は流れ、あっと言う間に、朝を迎えてしまう。
「約束通り、来たぞ」
「おお、すまぬな」
不機嫌な看守に対し、ヴァレンチーノは、晴れやかなものであった。
場所は、処刑準備室。
普段、処刑の前には、司教によるお祈りがあるのだが、その前に、2人だけで話させて欲しい。と、ヴァレンチーノが申し出て、それが受け入れられた。
身体検査が、今の看守によって行われ、「異常なし」と判断を下すと、他の看守達は、外へと出て行った所だ。
それでも、安全の為、という事で、対話は、檻を挟んだものに。
「あんた、悔しいとか、恐いと、感じないのか?」
檻の奥に立つのは、繊細とは無縁そうな外見だが、処刑を前に、平然としているヴァレンチーノに、違和感を感じたのであろう、看守は、変な物でも見る様な目で、彼を見る。
「恐れなどあるものか。ワシは、神の教えに従い、行動してきた。その結果が、これならば、神のお導きなのであろう」
まるで、聖書を持っているかの様な形の右手を胸に、ヴァレンチーノは静かに微笑む。
勿論、右手には何も無いのだが、看守の目には、確かに、聖書が見えた。
そんな訳がない!と慌てて否定し、看守は不機嫌そうに口を開く。
「ちっ!何無駄に悟っているんだ!娘の処刑が決まるかどうか、て時でもあるんだぞ?」
「神を、信じておる。それだけじゃ」
「アメリアを、説得出来るのは、あんただけだろ?!」
とうとう看守は、叫ぶ様に言い、檻を掴む。
「何も、あれを説得するのが、父親代わりのワシだけではあるまい」
「何?」
「あれの為に、そこまで言えるのなら、その気持ちを、あれに伝えれば良い」
ピクリと眉を震わせた看守に、ゆったりと歩み寄り、ヴァレンチーノは、彼の手を取る。
「それに、国など、どこにでもある。そなたは、どこにでも行ける。勿論、あれもな」
「?!!」
「信頼出来る者に、こうして、託す事が出来るのじゃ、これを、神のお導きと言わず、何と言う?」
驚いた顔で、自分を見る看守に、ヴァレンチーノは、とても晴れやかに微笑み、看守の手に、1枚のカードを握らせる。
「娘を、アメリアを頼む」
「………ああ」
低い声は、かなり小さかった。
応えて良いものか?と悩んだものの、看守は、重く頷き、カードを懐に忍ばせた。
「達者での」
太い腕を、檻の間に通らせ、看守の背中を叩くヴァレンチーノ。
それに、どう反応したら良いか、太い腕の中、看守が迷っていると、ヴァレンチーノが、悔しげに呟く。
「そなたの、父親になれたら、と、あの時、思ったのだが、それは、無理な夢であったの」
「あんたは、十分、父親だ」
「そうか」
ギュッ!と一瞬強く抱き締めるヴァレンチーノ。
その力が、するりと抜け、檻の間を戻り始めた。と、思ったら、
ドン!と、衝撃を感じ、看守がよろける。
「何を?!!」
「あれを連れ、逃げろ。セイルーンに、行くのじゃ」
慌てて顔を上げた看守が見たものは、金属の檻を、腕力のみで、引き抜いた、ヴァレンチーノの姿。
「んな?!!」
驚愕に見開かれる看守の目、
「外に、出るのじゃ。ワシが、引き付ける。その間に、あれを連れ出せ」
自分が抜け出るだけの隙間を作り、金属の棒を手にするヴァレンチーノ。
次の瞬間、ブン!という鋭い音と共に、棒が飛び、ドガッ!という音を立て、レンガに突き刺さる。
冷たい物が、背中を流れるのを意識しながら、看守は、慌てて、ドアを叩く。
「助けてくれ!早く!開けてくれ!」
彼が、叫んでいる間も、ヴァレンチーノにより、あちこちの壁に、棒が突き刺さっていく。
「どうした!な??!」
開いたドア、責任者らしき中年の男に、金属の棒が迫り、中年の男は、慌てて、それを避けた。
その瞬間、騒ぎは起こった。
暴れるヴァレンチーノに、応戦する看守達、右往左往する中、一人の看守だけは、意思を持って、行動していた。
「うぉ〜〜!正義の鉄槌、受けてみよー!!」
がっしりした体格は、飾りでは無かった。
ヴァレンチーノが振るう金属の棒に、繰り出される、蹴りや拳に、看守達は、次々と倒れて行く。
「処刑人が暴れてる!応援に行ってくれ!」
擦れ違う仲間達に、叫びながら走る看守は、心の葛藤と戦っていた。
彼と共に戦う道も、あったのでは?と。だが、彼の意思は、それを望んでいない。というのも、判っている。
それでも、父親になりたかった。と言った、あの男と、このまま、会えなくなるのも、嫌なのだ。
つぅと流れた物を、乱暴に拭い、看守は走った。
彼の願いを叶える為に。
「う……ひっく………」
「急げ、気付かれない内に、国境を越えるんだ」
止まる事のない涙を流す、アメリアの肩を抱き、看守は足を早め様とする。
「父さんが処刑されるなら、わたしも受ける覚悟を、していたのに……父さんの馬鹿」
「その、親父さんの、願いだ。あんたには、生きて欲しいというな」
引っ張られる形で歩くアメリアに、何の感情も乗せずに、看守は言った。
が、彼も、後悔や自責、痛恨の念に囚われている。
ヴァレンチーノに託されたカードには、どう手配したのか、馬車を用意してある場所が記されていた。
その裏には、
−幸せに−
とだけ、書かれてあったという。
この後の事は、どこにも記されていない。