×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ダンジョンクエスト】

−2−

「こっちはダメだ・・・そっちはどうだ?」
「無理、何も無い。て事は・・・この道しか無いようね。」
壁やら床を調べ終えたルークの言葉に、首を振ったリナは溜め息をつき、自分達の居る空間から延びた道を見据える。
「ちっ、石の所為で魔法で道を作る事も出来ないし・・・この岩の向こうに愛しのミリーナが・・・」
「あ〜、はいはい、せいぜい死んだと思われて見捨てられて無い事を祈るわ。」
言って、自分達を分断した大きな岩を撫でるルークに、リナは溜め息を吐いた。
「ミリーナは、んな冷たくねぇ!そっちこそ、あのアホ顔に見限られて無い事心配したらどうだ!」
「それならそれでいいわ。まあ、せめてお別れの挨拶くらいして欲しいとは思うけどね・・・」
岩を睨み付けながら言ったルークに、リナは事も無げにそう言って歩き出す。
それを慌ててルークが追う。
「いいのかよ。相棒に見限られてもよ?」
「まあね、あのさ、何であたしが魔族に詳しいか、分かる?」
「魔族ヲタクだから・・・とか。」
「う゛わ・・・それだけはカンベンしてよ。ちょっとね、ここ一年と数ヶ月ほぼ魔族と関わってたのよ。」
「んなあっさりカミングアウトされても・・・反応に困るんだがな・・・」
「まあ、その所為でさ、あいつ怪我は絶えなかったし、家宝なんかも無くなったりして・・・はっきり言って何で一緒に旅してんだろ・・・て思う訳よ。」
「ふ〜ん。そうとうなモノ好きなんだな、あのボケ頭。」
「何?あんたも人の名前覚えられないの?」
小馬鹿にした様に笑い、リナはルークを見る。
「あ゛あ?単に馴れ合いたく無いだけだ。」
「ふ〜ん?でも、あんたが、ガウリイと2人っきりでここに入ってたら大変だったでしょうね。」
「けっ、あんたと居るよりはマシだがな?!」
「あいつを扱える?クラゲ頭でのほほんとしてて今一緊張感の無いあいつを・・・」
「う゛・・・」
「古代文字や魔導文字なんて勿論だけど、ヘタしたら五才児でも読める本も読めないわよ?」
「マジか・・・?アホだアホだとは思っていたが、ミリーナ、んな奴と一緒で疲れてたりしないだろうか
・・・」
リナの言葉にルークは今離れている大切な女性に思いを馳る。
――――
「よっ!と。足元気を付けろよ。」
「ありがとうございます。」
足元の不安定な山道を先に行き、ガウリイは後ろに居るミリーナに振り向いた。
「で、こっちでいいのか?」
「ええ、後は裏口に繋がっている所を探すだけです。」
「そうか、ミリーナが一緒で助かったよ。冷静で頭が良いからな。」
「どうも・・・」
「なあ、なんでルークと旅してるんだ?」
「良く・・・分かりません。ただ、放って置けない気がしたので・・・」
「ふ〜ん。ミリーナはリナと少し似ているな。」
「私が、リナさんと・・・ですか?」
ガウリイの言葉にミリーナは怪訝そうな顔付きをする。
それに対しガウリイは苦笑して首を縦にふり言う。
「ああ、照れ屋で不器用な優しさを持っている。違うか?」
「そうなんでしょうか?気が無いのにそばに置いている私が優しいだなんて・・・」
「本当に気が無いのか?放って置けない、て事は多少は気にしてるんだろ?」
「・・・どうなんでしょうか?」
「まあ、ミリーナの方がポーカーフェイス上手いけどな。リナは隠し切れない時があるだろ?」
「その点では、同感です。」
苦笑したガウリイに、ミリーナは小さく頷いた。
≪続く≫