×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ダンジョンクエスト】

−6−

遺跡を出て、4人は人の手が入っていない道を抜け、山道を歩いていた。
先を歩くのは、リナとミリーナ、その後を少し遅れて、ガウリイとルークが並んで、話をし出す。
「ルーク、リナが世話になったな。」
「へっ、あんたよくあんな跳ねっ反りと一緒に居んな。俺はあいつとだけは組みたくはないぜ。」
爽やかに笑ったガウリイを軽く睨み付けるルーク。
それに、ガウリイは苦笑で返す。
「そりゃそうだ。あいつに付き合えるのは、オレだけで十分だ。」
「はっ。言ってくれるねぇ。あんたももう選んだクチか?」
「『選ぶ』とかじゃないな。それ以外ないんだ。ルークは選んだのか?」
「は?あ、ああ、本気で知らないんだな。あんた。」
ガウリイの問いに面喰らい、ルークは視線を外す。
「何を?」
「いや、こっちの話だ。で、相変わらず、名前の分かんねえ剣なんだな。」
「ああ?結構使えるぞ。」
ルークの言葉に、ガウリイは首を傾げてから、腰に佩いた剣に右手を置く。
「ふ〜ん。しっかし、久々に会ったと思えば、相も変わらずクソ生意気だよな。あんたの連れ。」
「ルークこそ、相変わらずミリーナに冷たくされてたよな。」
「うぐっ?!やっべ〜ぇ、おい、どうするよ俺?このノーテンキバカ男に大ダメージ喰らわされちまったよ。人としてどうよ?終っちまった・・・短い人生だったぜ。」
「おいおい。」
項垂れるルークに、ガウリイはジト目を送る。
が、ルークはすぐに立ち直り、口を開く。
「にしても、てっきり再会の包容があるかと思いきや、やけにあっさりしたもんだったよな。あんた。」
「まあ、取り立てて嫌な気配はしなかったしな。」
「心配じゃなかったのか?」
「ああ。」
「ふ〜ん、『あの日』でも・・・か?」
「何で知ってるんだ?」
「て、知ってたのかよ。それでも心配しないって、一応男だぞ俺は。」
「あいつも場数を踏んでる。剣も使える戦士でもある。それに何より、ルークお前さんはミリーナに顔向け出来なくなる様な事はしないだろう?」
「〜゛けっ!随分信頼してくれている様だけどな、いっとくが、見捨てなかったんじゃない。あいつが使えるから一緒に行動しただけだ。あれがただの小娘ならさっさと放り出していたぜ?!」
「何だ、好きだ好きだ、て平気で言うくせに意外と照れ屋なんだな。」
「んな゛?!ば、ばか言うなよな!俺はいつだって、ストレート勝負しかしねえって〜の!」
ガウリイの言葉に、赤い顔を更に赤くして、ルークはそっぽを向く。
「で、何でリナが『あの日』だって知っているんだ?」
「ん?ああ、あの魔法ヲタクが全然使わなかったからな。別々になってすぐに、岩をなんとかしようと、魔法で調べている俺の横で、1人ペタペタ岩に触っているだけだったし、呪文が飛んでこなかったからな。」
真面目な顔をしたガウリイに、ルークは鼻を掻き答える。
―――――
「くはー、無駄に疲れたわね。」
「ええ、何も見付からなかったですからね。」
リナの愚痴にミリーナは頷く。
「エルフの残した遺産、て聞いて期待してたのに・・・」
「せめて、魔石の加工の仕方のヒントがあれば、その技術を売る事が出来たんですけどね。」
「そっちは、どこで知ったの?」
「私達は、フェイセル村で、この辺りに昔エルフが居た、と知り、それで調べた結果です。リナさんは?」
「あたしは、カントナ村で、昔エルフが、ここからその村近くに流れた、て聞いてね。そっちにめぼしい物がなかったから、それで、こっちに来た、て訳。」
「フェイセルとカントナ、丁度この山を一つ挟んだ土地ね。この辺りでは有名な話の様ですね。」
「かー!あっの頑固じじぃ!勿体ぶったあげくに、これかい?!絞める・・・次にあったら絞めてやる。」
「では、指名手配犯になったら、責任持って追い詰めますね。」
「じ、冗談よ。やあねえ、ミリーナったら。」
「私もです。」
冷や汗を流したリナに、ミリーナは涼しい顔をする。
「・・・。」
「所で、ルークは迷惑をかけませんでしたか?」
「え?ん〜、まあ、相変わらずムカつく事言ってきたけど・・・」
ミリーナの問いに、脱力していたリナは顔を上げた。その表情は、苦笑とも、嫌悪ともつかない、微妙なもの。
「見付けた時も、2人で言い争ってましたしね。」
「でも、まあ、概ね役には立ったわ。トレジャーハンターて言うだけあって、罠を見破るのは上手かったし、調べ物出来るでしょ?あいつだと調べるのは出来ないじゃない。脱出するのに倍は掛るわね絶対。で、あいつ、どうだった?」
「勘が働く方なので、助かりましたよ。裏口を見付けたのも、そのお陰です。」
「そ?役に立ったの、さすが感覚だけで生きてるだけあるわね☆」
「おかしな話ですね。」
「へ?何が?」
「お互い、連れが迷惑掛けていないか心配するなんて・・・」
「あ゛〜、連れの欠点をよく知っているからでしょ。」
そう言うと、2人は目を合わせる。
―――――
「ミリーナv」
先を歩いていたミリーナが立ち止まった事に気付き、ルークは駆け寄る。
「ガウリイさんと話したいから、代わりましょ。」
「へ・・・?」
「では、そういう事で。」
踵を返し、ミリーナは颯爽とガウリイの方へと歩く。
「フラレちゃったわね?ルーク。」
鼻で笑い、リナが哀愁を漂わせているルークの背中にそう言う。
「ちげ〜ぇよ。チビガキ、アホ顔と話たいってだけだろうが!」
「へえ〜?」
小走りして追い付いたルークを、リナは面白がる様に見る。
「・・・ちっ、口の減らん嬢ちゃんだな。」
「・・・ルーク。」
「あ゛?」
「あの話、一切言わないでくれる?」
「俺に、何のメリットがある?」
「さっきミリーナに、あんたに助けられた話した事でチャラにしてくんない?」
「ふ〜ん。もうしゃべってたとしたら?」
「ありえない。あんたの利益になんないじゃない。ま、念の為に、ね。」
「ふん・・・さて、何の事か俺には見当がつかんが・・・」
「分かってんでしょ、本当は?」
「さあな、あんたは、どう思う?」
言って、リナとルークは暫く無言で歩く。
「ん・・・どうやら、不毛ね。ま、今日は、お互い痛み分け、て事になるわね。」
「ふん。言っとくが、馴れ合う気は無いからな。お宝を探している以上は、手を組む事はない。」
「そうね。次はどこの遺跡で会うか、分からないもの。」
不敵に笑い合い、ルークとリナは、足を止める。
そこは、まさに4人が再会を果たした場所であり、2人が互いを出し抜こうと、駆け出した三叉路であっ
た。
―――――
「今日は、お疲れ様でした。」
「いや、ミリーナがいてくれて、助かったよ。」
ミリーナとガウリイは、静かに互いを労った。
「でも、不謹慎ですけど、ガウリイさんと話が出来て良かったです。」
「ああ、俺もだ。変に茶化されたりしないから、話易かったしな。」
「茶化されるのは、苦手ですか?」
「ああ。前にな、リナとオレと、他に2人で旅してた時にな、その2人がお節介ついでに茶化してくれたんだが・・・こっちはトコトン疲れるだけで、向こうばっかり楽しそうだったからなあ。」
「私も、苦手ですね。男との2人旅と知ると、大体の方が変に勘繰ったりされますが、その度に、嫌な思いをしてました。」
「だな、ほっといてくれ、て感じだよな。」
「本当ですね。」
眉を寄せて言ったガウリイの言葉に、ミリーナは小さく頷いた。
―――――
「ど?話、終った?」
「ええ。」
再び合流したリナの言葉に、ミリーナは頷く。
「そう。」
「ありがとうございます。」
「へ?いや、お礼言われる事していないわよ。」
「そうですか?」
「そうよ。じゃ、元気でね、ミリーナ。また、会いましょ、出来ればルーク抜きで、ね。」
「それも無い事では無いですね。リナさん達もお元気で。」
「今度、ハンカチ返すから。」
ミリーナとリナは軽く握手して別々の道へと向かう、ルークとガウリイは軽く目を合わせ笑い、それぞれの後を追った。
≪続く≫