×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【桜舞う】

3 −彼女−

ゼロスの、記憶の中にあるリナは、父親の横で、姉の影に隠れている幼女。
それから、ずっと会う機会が無かった彼女が、どんな人間に育ったのか。と思っていた所、何とも面白く育っていた。
そんな一連の動作に、ゼロスは瞬きを数度行い、微笑みを作る。
「リナさん、何故こんな所に?」
ガウリイに第二撃目を与えるべく、更に大きな石を抱えようとしていたリナが、ゼロスのその問いに、石から手を離す。
それは、ガウリイが不思議に思っている事で、笑いを治め、ガウリイはリナを見た。
そこには、不機嫌を隠そうともしていない彼女。
「あたしを探して、ここまで来ておいて、良く言うわ」
「質問を変えましょう。どなたからお聞きになられましたか?」
彼女の態度に、気を悪くする事もなく、ゼロスは、笑顔で首を傾げた。
ギスギスとしていた彼女の空気。それが、彼女自身の溜め息によって薄まるが、嫌な物を見る様な表情は、変わらない。
「姉様よ」
「おやまあ。あの方も、困ったものですねぇ」
「なあ、何の話なんだ?」
険しい表情のリナと、いつもの笑顔のゼロス。事情が分かっている二人と、何も知らないガウリイ。
話の意味が分かる筈もないガウリイのその疑問に、リナは、ゼロスに睨みを返す。
「さすがゼロス。と言った所かしら。痴漢が仲間だなんて」
会ってから、そんなに時間は経っていないが、ずっとゼロスに対し、良い表情をしていない彼女。
ゼロスを良く思っていない。と想像するのは簡単で、ガウリイはしみじみと口を開く。
「嫌われてるんだな、ゼロス」
「その様ですね」
「何したんだ?」
「彼女と会うのは、これが二回目。前回は、お姉様越しにご挨拶しただけ。その様な記憶は、ありませんよ」
ガウリイの問いに、困った様に微笑むゼロス。
それを、リナが鼻で笑う。
「はん。そもそも、あんたを、信用している連中の方が、オカシイと思うけど?」
「だよな。こいつを信用してる奴、絶対どこかオカシイよな」
「別に、信用して頂かなくても、結構ですがね。面と向かって言う、貴殿方の神経の図太さには、驚きを隠せませんよ」
つい同意し、頷いたガウリイの隣で、ゼロスは、呆れた声で言ったが、いつもの笑顔は崩れない。
見事、話題を反らす事に成功し、リナはニコリと微笑み、鞄を手にし、踵を返そうとした。
「とにかく、あたし、もう行くから」
「それは、困ります」
が、一瞬で距離を縮めたゼロスに、腕を掴まれ、それが失敗していた事を、物語る。
掴まれた腕を、リナは忌々しく見。
「何で、止めるの?あたしが消えても、問題ないって知っている癖に」
「でしょうね。ですが、ラーダさんに、貴女の捜索を頼まれた身です。見付けた以上は、連れて帰らない訳に、いかないでしょう?」
「ふん。見付からなかった。で良いでしょう?どうせ、国内しか探すつもり、なかったんでしょうから」
ほぼ初対面に近い。というのに、リナの言っている事は、間違いではなかった。
ガウリイが粘らなければ、国境付近のあの場所で、ゼロスは、ラーダ邸に引き返していたのだ。
「良くお分かりで。それならば、ご理解頂けますよね?こうして、出会ってしまった以上は、見過ごす訳にはいかない。と」
彼女の洞察力の鋭さに、ゼロスは、内心面白がりながら、表面上は困った様に眉を下げた。
緊迫した空気のゼロスとリナの間に、ガウリイが割って入り、
「ちょっと待てよ。帰りたくない。て言ってるのを、無理に帰すのか?連れ戻しても、またすぐ家出したら、結局同じじゃないか。なあ、お嬢ちゃん、何で帰りたくないんだ?」
極力優しい微笑みを浮かべ、リナを見る。
その笑顔を、ジトリと見上げる紅茶色の瞳。
「その見てくれと笑顔で、何人騙したのやら……」
「オレが信じられない。てのは別に構わん。けどな、家出の理由くらい聞かせてくれ。嬢ちゃんみたいな子が、家出で国を出るくらいだ、相当な理由なんだろ?」
「理由は簡単。あたしが必要なくなったからよ」
パシッとゼロスの手を叩き、リナは事も無げに言った。
ゼロスの手が離れたのは、叩かれたのが理由ではなく、展開を楽しんでいるからだ。リナの家出の理由を知ったガウリイが、どんな反応を示すのか?と。
ギリと、歯軋りの音が、自身の耳に届き、無意識に力の入った拳を、ガウリイは開く。
「必要なくなったなんて、そんな事言うな。嬢ちゃんを大切に思っている人達が聞いたら、悲しむだろうが」
「あんた、父様に会った?心配なんかしていなかったでしょ?」
冷静な彼女の声に、ガウリイの喉が、一瞬詰まる。
それを見、リナは肩を竦め、語り出す。
「あたしはね、姉様の保険だったの」
「保険?」
「産まれつき身体が弱かった姉様は、入退院を繰り返していた。ラーダの血筋を、何が何でも残すには、もう一人子供が欲しい所」
「………」
「でも、姉様を産んですぐ、身体を壊した母様は、子供が産めない身体になってしまった」
「え?……」
痛みを堪える様な表情で、話を聞いていたガウリイが、一層眉を寄せる。
それに、苦笑で返すリナ。
「ここに眠っているのが、あたしの本当の母親。と言っても、全くそんな記憶ないわ」
「じゃあ、顔は?」
「知らない。名前だって知らなかった。あたしを産んで直ぐに、亡くなったの」
やっと絞り出した問いに、返ってきた言葉に、ガウリイは悟った。
ここに案内する。と言った、ゼロスの不可解な言葉の意味を。
‐彼女が知らない筈の心当たり‐
彼女が語った内容は、恐らく絶対の秘密として、誰も語らなかった筈だ。世間体第一のあのラーダが、それを口外させる訳がない。
だが、彼女はそれを知った。それならば、何故、自分は必要無いと考えるのか?
何故、ラーダは、あんな態度だったのか?
「あたしは、父様の遠縁の子供、て事になってるのよ。事故で両親を亡くした赤ん坊を、引き取って我が子同然に育てているて、聞かされていた」
どう質問するべきか、と迷っていると、彼女は再び、静かに語り出した。
「思ってもみなかったでしょうね。必死に隠してきた事実を、姉様が悪意なく言ってしまうなんて」
「お姉さんが?」
「成長して、手術に耐えられるまでになった姉様が、手術を受けたの。で、無事成功して、家に戻った姉様が、こっそり教えて下さったわ。そして、綺麗な笑顔で、これからは自由に生きて。て」
そこまで言って、リナは徐に、パン!と勢い良く両手を合わせ、明るい声を発する。
「で、ずっと堅苦しい世界で、つまらなかったあたしは、広い世界を見たくて、国を出ようと思った。これで、納得した?」
腰に手を置き、不遜な笑顔を浮かべたリナを、複雑な思いで見、ガウリイは頭(かぶり)を振る。
「理由は理解った。けどな、家出は、もう少し後でも良いと思う」
「何で?」
「分かった!お前さん、友達居ないんだろ?」
首を傾げたリナの肩を、ポンと掴み、ガウリイは笑みを作る。
「はあ?」
「普通、家出って友達の家に行くもんだろ?それに、幾ら複雑な生い立ちを知ったからって、友達と会えなくなる。て思ったら、国から出るなんてしないもんな」
「ちょっと?」
うんうんと頷く神妙な顔付きのガウリイに、リナの眉がピクピク震え、反論の為に口を開く。
「友達居るけど?」
「大丈夫。オレがお嬢ちゃんの友達になるから」
「あのね、人の話聞いてる?」
「とにかく、学校卒業してからでも、家出は遅くないさ。それまで、友達だからな」
コメカミを揉んでいたリナの右手を取り、勝手に握手をしたガウリイの笑顔は、清々しいまでに晴れやか。
話が通じる相手では無い。と悟ったリナは、投げやりな気分で、降参する。
「あ〜、もう分かった。寮に帰るから、手離して」
ガウリイが暴走しだしてから、笑うのを堪えていたゼロスが、彼女の視界の隅で、腹を抱え踞った。
≪続く≫