×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ターニングポイント】

‐1‐

「お前さんの名前はリナだ。リナ・インバース」
自分の名前さえ、覚えていない。という事実に、衝撃を受けたガウリイは、彼女の髪を優しく撫でながら、彼女の名前を告げた。
「リナ?」
「ああ。で、オレは、ガウリイ・ガブリエフ。リナの…旅の相棒だ」
パチクリと大きな瞳を瞬かせるリナに、ガウリイは頷いて自己紹介をした。
自分の事を、どう言ったものか?と一瞬迷ったが、無難な“相棒“を彼は選んだ。
彼女に対して、好意を持っているが、まだ関係をはっきりしておらず、かと言って、この機会に関係を変えるのは不本意であったからだ。
「ガウリイさん?」
「ガウリイで良い」
「ん……」
首を傾げたリナに、ガウリイは苦笑で返した。
覚えていないとはいえ、彼女に“さん“付けされると、妙なむず痒さを感じるのだ。
気まずい空気が、一瞬流れるが、それを崩す人間が1人。
「は〜い。はい。僕はセイ・バートン。お兄ちゃん・お兄様とか呼んで欲しいな」
右手を上げ、明るい声で言ったセイであった。
その自己紹介に、
「…えっと…あたしのお兄さん……なの?」
「そんなの聞いた事無いが。どういう事だ、セイ?」
リナとガウリイの不思議そうな視線が注がれる。
それに、にこぉと微笑み返すセイ。
「え?だってさ、可愛い年下の女の子にそう呼ばれるのって、万人の夢じゃん?」
二人は顔を見合わせた。
変な人間だ。と、言葉無しに、意見が一致したのは、言うまでも無い。
そこに、医者のコードの疲れた声。
「ふざけ過ぎだ。セイ」
「残念。じゃあ、好きに呼んでくれて良いよ。」
本当に残念そうな声に、リナの表情が和らぎ、彼女の腕が伸びる。
「じゃあ、セイで良い?」
「良いよ、宜しく。リナちゃん」
その小さな手を握り返し、セイは微笑んだ。
「わたしは、この町の魔法医、コード・ワイマン。このお調子者は、助手兼弟子でね、悪のりはするが、根は悪く無い筈だが、何かされたら、報告下さい。責任持って償わせますから」
柔和な笑顔で、セイの頭を小突き、コードは二人を見る。
案の定、不安そうなガウリイとリナの顔が並んでいて、コードは苦笑した。
「心配ないですよ。お調子者には、変わり無いですがね。笑って許せる程度の、悪戯ばかりですから。大丈夫ですよ。きっと」
「つまらない話は置いといて。えっと、リナちゃんの事だけどね、頭のケガが原因だから、暫く様子を見た方が良いと思うんだ。今の状況で、移動するのは、お勧め出来ないから、空き家で滞在してみたらどうかな?」
コードの”きっと”という所に、激しく不安を覚えた二人に、セイが真剣な表情で、町への滞在を勧める。
それに、ガウリイは頷いた。
もとより、リナが全快するまで、滞在するつもりでいたので、それを断る理由は無かったからだ。
「丁度、ここの近所に、空き家があるから、そこを使って下さい。幸い、収穫期で、どこも働き手を探しているので、生活に困る事も無いですよ」
気遣う様なコードの声に、ガウリイは安堵の溜め息が漏れた。
ずっと張り詰めていた何かが、それにより、和らいだのだ。

森に囲まれた小さな町なので、町をぐるりと歩いても、二刻掛らないので、セイの案内で、連れてられた場所は、コードの診療所から、歩いて数分の距離。
近所から、掃除道具、駄目になったリナの服の代わり、調理道具、果ては小さなタンスと、布団等が、そこに揃い、その日の内に、そこは住める様にまでなった。
と言っても、空いてから、日が経っていないのか、掃除が簡単に済む程度だった事と、ご近所の奥様達の力があってこそだ。
こうして、その村での、二人の生活が始まる。
生活に困らないだけの知識は、あると分かっていたので、食事はリナが担当する事になり、思ってもみなかった、リナの手料理に、ガウリイは、内心擽ったい気持ちで、一杯であった。
掃除、洗濯を分担したりしていると、新婚気分になるからだ。
野宿の時に、簡単なスープを作る姿は、見ていたが、本格的な彼女の手料理は、下手な店より美味しく、こんな生活も、悪くないな。と、ガウリイは、微妙な共同生活を、楽しんでいたりする。

そんな、3回目の朝、いつも、朝一番の患者として、コードに診て貰う為に、2人で向かう。
そして、診察後、そこにリナを預け、ガウリイは、仕事を貰う為に、村長の所へ向かう。
コードの所に残ったリナは、と言えば、セイと一緒に、診察の準備を手伝い、その後、隣接するセイの薬屋へと向かう。
セイは、コードの助手兼弟子だが、普段は、薬屋の店主をしており、魔法を使わない医者として、町民から信頼されているという、意外な一面さえある。
今の状態で、1人にするのは不安だ、と、ガウリイは、コードの所へ預ける事にしていた。
しかし、初日、コードの所で大人しく待っていたリナが、暇を持て余し、手伝おうとしたものの、魔法の基礎さえないリナが、出来る事は少なく、急患が来ると、邪魔にしかなら無かったので、セイの所で、手伝いながら、ガウリイを待つ事にしたのだ。
「どう?」
「うん、やり直し」
リナが見せた、盆に乗った3つ木の椀を見、セイがニコリと笑い、中の物を、1つの椀に纏める。
「くぅ!!完璧だと思ったのに!!」
悔しそうな表情を浮かべたリナ。
店番をしながら、薬草の種類を覚える為に、混ざっている物を、仕分けしているのだ。
その間、セイは店の奥で、薬の精製をしており、リナに呼ばれた時だけ、店に顔を出す。
そして、昼になると、ガウリイが昼食に誘いに来るのだ。
が、その日は違った。
昼になる前に、
「店、閉めるね」
奥から、セイが顔を出したのだ。
「へ?うん」
戸惑いながら、椅子から腰を上げるリナに、
「片付けは良いから」
と短く言い、店の出入口にセイが立ち、扉を開けた。
慌てて、それをリナがくぐり、続いてセイが出て、鍵を閉め、[ご用の方は、隣へどうぞ]の木の板を下げる。
「どうしたの?」
「うん、手伝いが必要になるかもしれないからね」
急ぎ足で、隣へと向かい、リナの問いに、セイが簡単に答えた。
それに、リナが困惑の表情を浮かべるが、
「へ?でも、あたし、邪魔じゃ??」
「リナちゃんの手も必要になるかも知れないから、一応気を引き締めといてね」
と、曖昧な答えを返し、コードの診療所へと入って行くセイ。
「セイ?」
「あ、シンディさん、忙しくなるかも知れないて、伝えといてくれる?」
待合室に居た、コードの奥さんに、そう言うと、セイは踵を返し、後を追って来たリナの方へ向き、
「髪を纏めて、後は、シンディさんの指示に従ってくれれば良いから」
そう言うと、紐をリナに渡し、足早に診療所を出ていった。
「雑巾2枚と、水を用意しておいてくれる?」
ダークシルバーの短い髪と瞳の、30代後半頃のシンディは、髪を結んでいるリナにそういうと、診察室へと消えた。
「何が……?」
結び終えたリナが、呆然とするのは、無理もない。
何かが起こっているのは、何となく分かるが、断定的な言葉がないからだ。
水と雑巾を用意し終わると、シンディが診察室から出て来て、
「皆さん、すみません、お茶を用意しましたので、居間で待っていて下さい」
待合室に居た3人の患者に、居住空間への移動を促した。
それに、文句も疑問も言わず、従う3人。
「長椅子を拭きましょう」
「あのぉ、何が?」
雑巾を水で濡らし、絞ったシンディは、リナの不思議そうな問いに、「ああ」と表情を変える。
「断定出来ないけど、怪我人が出るかも知れないから」
「それと、長椅子を拭く事に、関係あるの?」
診察室に、治療室、療養用の部屋まであるのに、待合室の長椅子を綺麗にする意味が、リナには判らなかった。
それに、シンディが苦い笑みを浮かべる。
「ここを使わない事に、越した事は無いのだけれどね。まあ、念の為よ」
その言葉と表情は、起こっている何かが、良い事ではなく、しかも、大事だと、言外に伝わり、リナは口元を引き締めるのであった。
≪続く≫