×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ターニングポイント】

‐6‐

「こんにちわ〜」
軽い挨拶と共に、診療所に踏み入れたのはセイだ。
待合室に居たのは、ゼルガディスと、掃除をしていたリナ。
そして、コードが、診察室から出て来た。
「不機嫌そうだな?」
「怒られちゃった」
軽い口調だが、セイの表情は眉根が寄っており、不機嫌そのもの。
3日間で、目にしなかった表情に、リナはパチクリとさせた。
「当たり前だ」
歩み寄ったコードの手が、セイの左肩に置かれ、
「あまり無理をするな」
「大丈夫。ちゃんと分かっているから」
その手の上に、自分の右手を乗せ、セイが微笑みを返した。
「そうだろうな。患者一番手が、そこに居るから、頼んだぞ」
ゼルガディスを空いている手で差し、コードは、居住空間へと向かった。
コードを見送り、セイの視線が、長椅子に座るゼルガディスに向けられ、番号札を持った手に、それが集中し、それは直ぐに外された。
「リナちゃん、そのまま掃除頼むね。緊急の患者が来たら、教えて」
リナの方に、視線をやり、頷いたのを確認し、2人は診察室へと入って行った。

診察室は、ベッドが1つに、その脇には、隣の治療室へと繋がる扉。窓際に机が1つ、そしてベッドと反対側の壁に、本と書類の棚に薬品棚、ベッドと棚の中間、机の前と、少し距離を置いた所に、丸椅子が2つ。
机側の椅子にセイが、残った椅子にゼルガディスが座り、向き合う。
「今更だけど、まず、名前は?」
「ゼルガディス・グレイワーズ」
ゼルガディスが、探していた噂の元は、セイだった。
今まで、その核心に触れる事が、出来なかったのは、恐らく見た目から、怪しい人物だと警戒されていたからであろう。
そして、コードに、噂の事を聞いたら、あっさりと、その噂の人物の正体を明かされ、つい再度確認してしまったのは、仕方ない事だ。
「で、僕にどんな用件が?」
「皮膚に詳しいと聞いた」
「悪いけど、君の身体は、専門外だけど?」
「だろうな」
背後の机を、トントンと指で叩きながら、淡々と言葉を投げ掛けるセイに、ゼルガディスは、冷静な声で続けて答えた。
そして、セイの眉が、困った様に下がる。
求められている事に気付き、無理だと暗に伝えたのだが、簡単に頷かれ、引く気がなさそうだ。と悟ったからだ。
「魔法を使わない医者て、コードさんに聞いたんだ?」
「ああ」
「合成獣だなんて、魔導知識の中でも、かなり専門性高い物でしょ」
「それでも、だ」
「正気の沙汰じゃないよ、君」
「承知している。ただ、魔導から離れた観点からの、意見を聞いて見たかっただけだ」
「良いね。面白い考え方は、嫌いじゃない。何より、医学的に興味深いしね」
肩を竦めたゼルガディスに、セイは満足そうに笑ってみせるのであった。

「ねぇ、これをくれた人て、セイの彼女?」
焼き菓子を口に運び、リナが首を傾げた。
コード達の食事が終わり、それと入れ替えで、休憩を取る事にしたのだ。
「まさか。そんな事言ったら、怒られるよ」
「違うの?毎日差し入れしてるから、てっきり……」
焼き菓子を、リナに渡した女性は、2日続けて昼過ぎに、差し入れを持ち、店に来ていたのだ。
それで、彼女だろう。と、リナは思っていたのだが、
「あれでも人妻だからね。ただのお友達」
苦笑を浮かべたセイが、肩を竦めると、小さく息を吐いた。
それを、一緒にお茶を飲んでいた、ゼルガディスが見留め、僅かに目を細める。
あの後、検査は後日となり、やる事がなくなったゼルガディス。
それに気付いたリナに、暇な間、魔法を教えて欲しいと頼まれ、未だに診療所に残っているのだ。
リナが、魔法を教えて貰っていたのは、待合室で、セイは、診察室に籠っていた。
それで、なのか、セイは、不意に話題を変える。
「それより、勉強会はどんな感じ?」
「これが面白いのよ。セイも、魔法覚えたら?」
「魔法は、あまり……だから、薬屋をしながら、コードさんの補佐て訳。魔法を使わない医者だ。なんてただの恰好付けてのは、内緒だからね?」
カオスワーズの奥深さに、ますます魔法に興味が沸いたリナ。
その誘いに、セイは、困った表情で言い、片目を瞑ってみせた。
「ゼルも聞いちゃったけど?」
「大丈夫。だって、人付き合い苦手そうだから。町の人には、言わないでしょ」
「なるほど」
心配して、首を傾げたリナに、セイがあっさりと頷くと、リナは、笑みを堪え頷いた。

夕暮れ時に、ガウリイが、リナを迎えに、診療所へと現れ、リナとゼルガディスは、そこを後にした。
「いつも、こうして、送り迎えしているのか?」
「まあな」
呆れた声と表情のゼルガディスに、ガウリイは苦笑を浮かべた。
その隣、リナも、呆れた表情を見せる。
「あたしは、要らない。て言ってるんだけどね」
「だから、あいつにも、過保護だ。と言われるんだ」
「いや、だってなあ……デーモンが何時現れるか、分からないだろ?1人に出来ないじゃないか」
呆れ顔に挟まれ、ガウリイは、不満そうな表情へと変えた。
自分を安全だ。と判断した経緯に、驚いたゼルガディスに、「だって、過保護じゃん、彼」と、セイは言ったのだ。
「一緒に畑仕事をさせれば、良いだろう?」
「か弱いあたしに、畑仕事なんて、無理に決まってるじゃない」
「頭の怪我だったからな。念のため、あまり無茶をさせたくないんだよ」
ゼルガディスの提案に、真っ先にリナが反論し、続いてガウリイが、理由を述べた。
以前と変わらぬ2人の姿に、ゼルガディスは、苦笑を浮かべた。
記憶喪失である事が嘘の様に、今のリナは、以前の彼女と、余り変わりが無い。
短い講義で、『治癒』を覚えた、魔法の素質。見た目が怪しい自分に、物怖じしない所。自身で「か弱い」と言ってのける、調子の良さ。
名前さえも覚えていなかった。という割りに、ここまで変化がないと、忘れた素振りでもしているのでは?と、勘繰りたい程に。
だが、話していれば、確かに記憶が無いのは明らか。
それに、そんな素振りをしても、リナに得はない。
「なら、わざわざ人に預けている理由は、どういう事だ?」
溜め息一つで、苦笑から呆れた顔に、ゼルガディスは戻した。
それに、
「まだ、不審がっているのか?主治医良い人だったろ?」
「ゼル、コードさんの事、怪しいて思ってるの?」
ガウリイは、呆れた表情を浮かべ、リナは、瞬きを繰り返す。
その2人に、ゼルガディスは、肩を竦めてみせる。
「怪しいてのは、なくなった。だが、預ける必要は無い。と思っただけだ」
「朝一番に診察して貰ってるからな。1人で帰らせる訳に、いかないだろ」
「別に預けなくとも、畑の横で、待たせておけば良いんだ」
「医者の傍の方が、何か変化があった時、すぐ気付いて貰えるだろ?」
ガウリイのその言葉に、ゼルガディスは長い溜め息を吐いた。
ガウリイの選択基準が、リナの為なのだ。と、気付いたからだ。
以前は、その選択を、リナに委ねていたガウリイ。
リナが、不必要な無茶を言わない限り、それに反対する事はなかった。
結局、ガウリイの思考は、リナ次第となる。
息を全て出しきり、ゼルガディスは、白い目を、ガウリイに向ける。
「相変わらず、保護者やってるのか、あんた」
「……この状況じゃ、仕方ないだろ」
答えるまでの、微妙な間。
表情は、何を考えているのか、口元だけが、僅かに笑みを作っている。
その反応に、ゼルガディスは悟った。
「本当に我慢強いな……」
「ん?……まあな」
「こんな可愛い女の子と、暮らしてるんだもの、我慢は必要よね」
何時だったか、自身が言った”我慢強い”という言葉に、ガウリイは、思わず苦笑を浮かべ、リナは、納得顔で頷いた。
途端、男2人の目が、点になり、次いで、肩を震わせた。
「ちょっと、その反応、どういう事よ」
「自分で可愛いて言うか?」
「イイ性格しているもんだ。と思っただけだ」
腰に手を当て、憤慨を露にしたリナに、ガウリイは、呆れた表情で笑い、ゼルガディスは、ニヤリと人の悪い笑みを浮かべるのであった。
≪続く≫